メタルマッスルHMBのクレアチンの効果、おすすめの摂取方法

メタルマッスルHMBのクレアチンの効果、おすすめの摂取方法

 

 

メタルマッスルHMBにも含まれているクレアチンは筋力トレーニングに欠かせない栄養素の一つです。
有機酸の一種の1-メチルグアニジノ酢酸です。

 

  1. 私たちの身体は強度の高い動きをする際にエネルギー源としてATP(アデノシン三リン酸)を使う
  2. 体内のクレアチンリン酸の量が多ければ多いほどATPを生み出すことができる
  3. 体内にATPが余っているとクレアチンと結合してクレアチンリン酸が生成される
  4. 「クレアチンが増える=クレアチンリン酸を体内に貯蔵できる」

 

 

このようなメカニズムとなっており、正しく取り入れることで筋肉増強効果を助けてくれます。

 

運動によって消費されたエネルギーを補って素早くエネルギー源として復活し、ランニングや筋力トレーニングなど短時間で激しく身体を動かす無酸素運動において高いパフォーマンスアップを期待できるのです。

 

  • 摂取した後に高いパフォーマンス向上効果が得られる(エルゴジェニックエイド)
  • 筋肉のグリコーゲンとタンパク質の分解を抑制して身体を疲れにくくする
  • 脳や神経系にもエネルギーが行き渡って酸素を効率良く運び、脳機能を回復させる

 

 

クレアチンの効果をまとめると上記のようになり、筋力アップに欠かせない存在なのはお分かり頂けるでしょう。

 

 

クレアチンの目安摂取量は?

 

以下ではクレアチンの目安摂取量やタイミングについてまとめてみました。

 

  1. トレーニングをする際に最初の7日間〜10日間は5gを1日に4回〜5回に分けて摂取する
  2. クレアチンを摂取するタイミングは食後やトレーニングが終わった後がベスト
  3. ローディング期が終わってメンテナンス期に突入したら1日に3g〜5gに減らす

 

吸収率を高めるためにプロテインを一緒に飲んだり、必須アミノ酸のBCAAを摂取したりするのは選択肢の一つです。メタルマッスルHMBならバランスよく摂取することができます。

 

 

クレアチンのおすすめの摂取方法は?

 

 

クレアチンは1sの豚肉の中に5g程度が含まれており、数多くの肉類でもトップクラスの含有量となっています。

 

しかし、5gでは1日の目安摂取量に到達しませんし、豚肉を毎日1sも食べるのは非現実的なのでサプリメントで取り入れる方法がおすすめです。

 

上記でご説明した方法でサプリメントを飲んでいれば体内のクレアチンレベルをMAXに上げることができ、クレアチンローディングと呼ばれています。

 

サラサラとした顆粒状なので水に溶けにくく、粉薬のように口の中に入れて水で流し込む飲み方が良いでしょう。

 

 

また、あまりにも過剰摂取していると腹痛や下痢を起こすことがあり、トレーニングの効率を高めたい方でも少しずつ身体を慣らしてください。メタルマッスルHMBも摂取量を守って飲むようにしてください。