メタルマッスル

メタルマッスルHMBの口コミ!GACKTの筋トレサプリは本物か

 

元マリスミゼル、ソロアーティストのGACKTさんがイメージキャラクターを務める
筋トレサプリ、メタルマッスルHMBの効果は本物なのか?

 

 

2016年12月下旬に販売開始したばかりなので、口コミは未だ少ないです。

 

 

そこで、SNSでの口コミ・評判を当サイトでイチはやくまとめていきます。
私自身もメタルマッスルHMBを飲んでトレーニングして、効果を実感してみたいと思います。

 

 

メタルマッスルHMBのチェックポイント
  • メタルマッスルHMBはなぜ筋肉に良い?本当に格好いい身体になるのか?
  • メタルマッスルHMBに含まれる成分とは?効果的な飲み方についても解説!
  • 体脂肪が落ちる?それとも体重が落ちる?筋肉がつくから体重は増加する?
  • 一日何回飲めばいい?どんな味がする?実際に飲んでみた感じとしては・・・
  • 購入者の口コミまとめ!販売開始したばかりなので、少しずつピックアップ!
  • メタルマッスルHMBをお得に購入する方法とは?

 

 

筋トレの注意点、メタルマッスルHMBを飲む前に

 

 

まず、筋トレ(筋力トレーニング)を行う際はその前後に有酸素運動と言われるストレッチや軽いジョギングを取り入れること。

 

有酸素運動で、体内にたくさんの酸素を取り込むとともに体に負荷をかける筋トレの準備段階として、体を整えます。有酸素運動を筋トレ前に行うことで、怪我の予防にもなり、筋トレの効果を高めることもできます。

 

筋トレ前の有酸素運動の目安としては、全身ストレッチ(一か所30秒以上)を10分以上、心拍数が少し上がるような軽めの運動を15分以上取り入れるのが理想です。筋トレを行う際の注意ですが「ややきつめ」くらいを意識して行うようにしましょう。始めは軽めの負荷からスタートして慣れてきたら、徐々に負荷を上げていきます。

 

最初から張り切って飛ばしすぎると、思わぬケガにつながりますので負荷を大きくする際は、慎重に行うようにしましょう。特に、若いころ、運動部に所属していた人は要注意です。「昔はこれくらい。。」と張り切ってしまって、ケガをしたり、どこかを痛めたりというのは、よくある話です。

 

 

当時は若く、部活も定期的に行っていたので頭にはそのころのイメージがあるかもしれませんが、部活から離れて長年が経過している場合、体も運動することに慣れていない場合がほとんどです。自分の力を過信せず、小さ目の負荷から始めて、徐々に体を慣らしていくようにしましょう。負荷を大きくする段階では、決して無理をしないことが重要です。「ややきつめ」くらいの負荷を心掛けて、その負荷では物足りないくらいになったら

 

負荷を大きくしてもいいでしょう。また、筋トレの正しい姿勢を心掛けることも重要です。

 

例えば、膝を曲げて行う運動であれば、膝を曲げたときに膝が足より前に出ないこと、腰を曲げた時に背中が丸まって猫背にならないことなどが主に気を付ける点です。

 

 

正しい姿勢で行うことで、筋トレの効果を高めるだけでなく、トレーニングを楽しく続けることができるようになります。筋トレは、筋肉に負荷をかけて行う「無酸素運動」ですので筋トレ後には体内に乳酸が蓄積しています。

 

 

この乳酸は疲労や筋肉痛の原因になりますのでトレーニングの後は必ずクールダウンとして、軽めの運動とストレッチを取り入れるようにしましょう。このクールダウンの際には、深い呼吸と共に、全身すみずみまで酸素を送り届けるよう意識しながら行いましょう。時間の目安としては、軽めの運動15分以上、ストレッチ10分以上が理想です。

 

 

ストレッチを行う際は、筋トレで特に使った筋肉を伸ばしてほぐすことを意識しましょう。同じ場所を酷使し続けると、筋疲労の原因にもなります。筋肉に疲労を蓄積しないためにも、筋トレ後のストレッチは必ず取り入れましょう。ストレッチの代わりにヨガを取り入れるのもいいでしょう。

 

 

激しく、心拍数を上げるような運動をした後にはゆったりと、体を伸ばすストレッチやヨガが効果的です。また、夏場などで汗をたくさんかいた時には水分補給と共に、塩分の補給も重要です。これは塩をなめるだけでも十分ですので、運動によって失われた水分、塩分を必ず摂取するようにしましょう。

 

 

食事はたんぱく質の豊富な赤身の肉、鶏のささ身、ビタミンの豊富な緑黄色野菜を意識して摂取するようにします。プロテインの摂取も有効ではありますが、そればかりに頼りすぎて食事は外食続き、またはファストフードというようでは本末転倒です。ストレスにならない程度に食事をコントロールしながら継続可能な食生活のプランを立ててみましょう。

 

 

あまり食事でストレスを感じると、反動がきて、食べすぎに走ってしまう危険もあります。食事制限はほどほどに、筋トレ前後の体のケアを意識しながら楽みながら、理想の体を手に入れましょう。